【ボディガードの会社】身辺警護の事例③|店舗への営業妨害|クレーマーを警戒

この記事の著者:一般社団法人 暴犯被害相談センター
代表理事 加藤一統 (ボディガード歴25年)

大きな人に怒られる男性

ボディガード・身辺警備のご依頼で意外と多いのが、
コンビニ・クリーニング店などの商店や小売業主さまです。

毎日数十数百のお客様対応をする以上、中には素性の良くない方がいる事は当然です。
更にその中にはとても「お客様」とは呼べない「輩」が入り込むこともあり、店舗運営上の大きな問題といえます。

平穏な経営を取り戻すために取るべき対応と、身辺警備ができることをお話しします。

1.クレーマー対応

クレーマーによる被害は、こちらの落ち度とは関係ない事も多いため、
日常的な注意だけでは防ぎ切れません。

被害に遭わない心構えは持つべきですが、
万一の場合に対応を間違えないよう、取るべき対応を決めておく事がより重要です。

1-1 まず110番|やはり警察を頼りましょう

パトカー警察車両

警察の「民事不介入」とはよく聞きますが、悪質な嫌がらせ営業妨害警察でも対応できます。
そもそも度を過ぎた要求や暴言など、業務に支障が出るケースは刑事責任を問える可能性もあるのです。

ご商売柄、警察沙汰にはしたくない事業主様も多いと思いますが、後々のためにも必要に応じて110番通報をためらわないでください。

下記の記事をご覧ください。
参考記事:【弁護士が解説】クレーマー対応時に警察を頼るべきか。

警察は110番通報をすれば、通常数分で現場にやってきます。

警察官の存在は、被害者にこれ以上ない安心感をもたらし、
クレーマーに対しては
「自分のせいで警察が来た」という、
事態の重大さを突き付けると共に、冷静にさせる効果があります。

例えばストーカーでも、
たった一度の警察通報によって、
つきまといが完全に収まるケースが、実は少なくありません。

このように警察の介入は、
一般人にとっては少なからずインパクトがあるため、
事態を収めるには大変な効果があります。

1-2 110番通報では対処しれない相手の場合

クレームを入れる

しかしストーカーやクレーマーの中には、
警察の介入で大人しくなる連中ばかりではなく
、中にはある意味「プロ」のように、
違法行為スレスレをついてくる厄介な相手もいます。

そんな嫌がらせが続くと、
110番する事に気が引けるようになり、
無為な対応とストレスで、
心身ともに消費する期間が続くことになります。

また相手の目的が金銭の場合は、
手を出したらお終いなので、
実際に暴力を振るうことは滅多にありません

しかし頭では理解していても、
威嚇に対して平常心でいられる方は居ませんし、
その役目を負うのが従業員の場合、
経営者としては早急に手を打つ責任があります。

もしも手におえないクレーマーが訪れたら、

  1. ためらわず警察に通報し
  2. それでも効果がなければ法的に対抗(弁護士に相談)

弁護士の介入は、
警察と同じかそれ以上にインパクトを与えるため、
9割以上はこれで収まります。

しかし相手の素性が分からず不安な場合や、
相手に前科があり、従業員の安全を考える場合などは、
身辺警備の出番になります。

1-3 クレーマー対策の警備人数と待機場所|どこで見張るの?

コンビニと駐車場

ボディーガードの人数は、下記の状況を鑑みた上で決定します。

「警戒相手(この場合クレーマー)の人数や規模」
「警備対象(店舗等)の広さや警備範囲」
「警護時間の長短(休憩交代の有無)」
「お客様のご要望」


一般的な店舗のクレーマー対策の場合、
1~2名で警護を行うことが多いです。

事前情報などから危険度が高い場合や、
長時間で交代要員が必要な場合などは、
3名以上の体制もあり得ます

しかし、待機場所の問題や、警備方法、
また予算的にも、3名以上で警護おこなうメリットが無い事が多く、
類似案件の場合は6割強が1名体制です

ベストな待機場所は、
事務所内など、実際にクレーマーが来店した際に、
素早い対応がとれる場所になります。

次いで多いのが
、駐車が可能な場合は直近に停めた車を待機場所にして、
クレーマーを警戒するケースです。

広さのある店舗であれば、
一般客に紛れていて巡回することもありますが、
不自然なうえ、他の方法に比べ無駄に体力の消耗が大きいので、
他に方法がない場合以外はおこないません。

1-4 実際の警備方法|クレーマーが訪れたら

皆で怒る

ストーカーの場合、
身辺警備は存在を伏せてガードするケースが多いのですが、
クレーマーの場合は、
下記3つの理由から身分を明かすケースが多いです。

  1. こちらが本気である事のアピールになる。
  2. これ以上いやがらせを続けると、事件になると印象付ける。
  3. 相手の攻撃対象が警備に分散、もしくは完全に警備に移る。

恋愛感情が絡む相手の場合は、
他人の介入が原因で相手の自尊心を傷つけ、状況が悪化するケースがあります。

それに対して、クレーマーの多くは、
金銭目的が多く、(特に初期段階では)
事件化してまで嫌がらせを続けるメリットがありません

実際にクレーマーが訪れた際は、
基本的に入店をお断りし
、店舗スタッフの方は一切対応せずに済むように壁になります

繰り返し退去をお願いし、聞き入れない場合は即刻110番警察通報です。

ボディガードがトラブルの火種になっては、
元も子もありませんので、対応は丁寧に行うことが基本です

しかし、相手が暴力に訴えてきた場合などは、
現行正当防衛・現行犯逮捕など、
一般私人に許された範囲の中で暴力を抑え込みます

2.ボディーガードご依頼から警護開始までの流れ

弊センターにご相談いただいた方からは、
ご相談から警備の配置まで「思ったより大分早かった」と言っていただくことが多いですが、
警察のように、通報から10分以内に現場に到着とはいきません。

開始までの流れを、時系列でお話しします。

2-1 最初のコンタクトから開始までの所要時間

スピーディーのイメージ

ボディガードの開始までには、下記の4ステップが必要になります。

  1. 探す
  2. 電話する
  3. 打ち合わせ
  4. 契約

1~4までに、早くても2時間切る事はありません。
もちろんご要望に応じて可能な限りの対応をしますが、
弊センターの場合、
例えば15時に最初のお問い合わせをいただくと、

16:00打ち合わせ → 17:00話がまとまり契約 → 18:00警備開始」

上記の流れが最短ですが、
かなりスムーズに運んだ場合に限ります。

その時々の状況に依りますが、
さらにお時間をいただくケースがほとんどです。

最も多いのは、
上記のように15時にお電話いただいた場合、
翌日朝から開始のケースになります。

2-2 本件の見積金額予想

値踏み

クレーマー対策の場合、
まずは3日前後の警護を実施して様子を見ます

これには予算的に無駄をはぶく意味もありますが、
警備が常駐をはじめてから、
3日以内に迷惑行為がおさまるケースが多いためです。

過去にチェーン営業のクリーニング店で、
実際にあった例の見積りを紹介します。

場所:都内
期間:3日間
開店から閉店までの警護(09時~19時)
警護員1名
店舗事務所内に待機

1日当たり45,000円×3日=135,000円
交通費=2,100円
消費税=13,500円

総額=150,600円

2-3 良いボディーガード業者の見分け方

話をまとめる

詳細は以前の記事
【ボディガード】東京1日の料金・相場|ダメなセキュリティー5つの特徴でも述べましたので、
ポイントのみ話します。

応対が上から目線

一番判りやすいNGサインです。
近年減りましたが、稀に横柄な警備会社があります。
横柄な態度に自身の裏返し等の意味はありません。
非常識なだけです。
こういった業者は仕事のレベルも低いので、
迷わず他社をあたりましょう。

レスポンスが遅い

どれくらいの時間を要したら「早い」または「遅い」のか?
状況とタイミングにもよるので軽々に言えませんが、
これでは回答にならないので、一応目安をお応えすると、
最初のお問合せ~ご依頼の可否の回答が

  • 45分以内=早い
  • 2時間以内=普通
  • それ以上=遅い

これだけで会社の良否は判断できませんし、
正直弊センターでも2時間以上お待たせする事はあります。

少なくとも優良な業者は、
自ら回答までの時間区切るなど、
待つ方への配慮を忘れません。

自己顕示欲が強い

自己顕示欲の強い方がダメとは限りません。
しかし対人間のお仕事ですので相性は大事です。
あくまでボディーガードは裏方ですので、自意識が高すぎるのはどうかと思います。
直感的に引掛り、時間的に余裕があるなら、
他社にもご打診される事を、おすすめします。

派遣されたボディーガードが頼りない

契約後の話になりますが、
アルバイト風な人間が派遣されてきたら、
実際アルバイトの可能性が高いです。

アルバイトを雇う事に罰則はありませんが、
特に一人の現場に不慣れな人間を派遣する場合、
その会社のモラルを疑わざるをえません。

そもそもあなたが頼りないと感じたのなら、
クレーマーにも、舐められるのではないでしょうか?

警備業認定番号

警備業は許認可業であり、
都道府県公安委員会の認定が必要になります。

認可を受けていないという事は、
「モグリ」ということであり違法営業にあたります。

法的・道義的な問題だけでなく、
重大なトラブルの際
モグリの業者に、責任能力があるとも思えません。

2-4 まとめ【要点とご依頼の手順】

重要

今回のまとめです。
※お忙しい方はこちらをご覧ください

  • 悪質なクレーマー被害遭ったら、基本は110番通報。
    客商売としてはつらい所ですが、クレーマー被害の多くは収まります
  • 警察通報で収まらない相手や、
    威力業務妨害スレスレのアプローチをしてくる相手は、
    プロの可能性があり一筋縄ではいかない。

    この場合は一般人では対抗が難しいので、
    法的(弁護士による)対抗を行う。
    ほとんどのクレーマーが撤収します。
    法テラスホームページ
  • 大変稀ですが、上記の対策を取ってもなお危険な相手が存在します。
    この場合普通の相手ではありません。
    物理的な攻撃を防ぐために、ボディガード専門の警備会社に見積もりを請求してください。


加藤 一統

ボデタンナビの運営者
加藤一統 一般社団法人暴犯被害相談センター 代表理事
民間警備会社で1995年より身辺警備(ボディガード)に従事し業界歴25年
ボディガードと探偵の依頼先をお探しの方に、条件やご要望に合う優良な警備・探偵会社を無料でご紹介。
長い業界歴を生かし「読みやすく価値ある」記事を提供いたします。

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です