【防犯&護身術】催涙・防犯スプレーの効果的な使い方&オススメ3種|動画あり

この記事の著者:一般社団法人 暴犯被害相談センター
代表理事 加藤一統 (ボディガード歴25年)

最強の護身用品催涙スプレー

女性や力の弱い方でも、
使える護身用品は多くありません。
その中で、
最も効果的なのは防犯スプレー(催涙スプレー)です。

モノによっては、
熊を撃退するほど強力なので、
良い商品を選び、正しい使いた方を覚えれば、
最強の護身用品になります。

じつは警官や警備員が装備している特殊警棒は、
使い方次第ではスプレーを上回る実用性があります。
ただし万人が使えるものではなく、むしろ使いこなせる人間は極わずか。
修練には大変な努力と年月が必要なのです。
警棒術公開①|警護員向け特殊警棒の使用とタブー!動画あり

その点防犯・催涙スプレーは、
わずかなトレーニングで絶大な効果を発揮するのが最大のメリット。
多くの護身用品は、使う人間の体力によって効果に差がでるのに対し、
催涙成分の効果は、誰が噴射しようと変わりがありません。

ただし、防犯・催涙スプレーには、
あまり知られていない効果的な使い方と、
決して取ってはいけない行動があります。

※中盤以降に動画で説明しています。

1.防犯スプレーの効能

個人的には「催涙スプレー」と呼ぶ方がしっくりきますが、
「防犯スプレー」で検索される事の方が多いようなので、
本記事では以降「防犯スプレー」で統一します。

1-1 防犯スプレーを浴びたらどうなる?

炎上する男性シルエット

「サイルイ」を「サイミン」と読み間違えて、
眠くなるスプレーと勘違いされている方がいます。

実は全くの逆で、
眠くなるどころか、激痛で小一時間ほど身悶え続けます
その間は目を開けられないので、一人では移動もままなりません。

刺激の種類は「ヤケド」に近く、
焼かれるような様な激しい痛みにおそわれます。

ヤケドの経験がある方は分かると思いますが、
患部に冷水をかけている間は痛みが和らぎ、
空気に触れると、激痛にさらされ続けるあの感覚が、
浴びた場所を中心に広がります。

分からない方は
「激辛料理」を食べたときをイメージしてください。

水を飲むと口内のヒリヒリがやわらぎ、
飲んでいないとぶり返す感覚、
というと分かりやいでしょうか?

ただし体感的には、
その数十倍の苦しみといっても、
大げさではありません。

私自身も10年以上前に実験で浴びましたが、
予想をはるかに上回る激痛が、
30分絶え間なく続いたあと、
徐々に痛みが弱まり、完全に治まったのは約1時間後でした
(浴びる量と外気温により、回復時間が変わります)

1-2 催涙スプレーの成分

唐辛子

主成分はおもに、
OC(天然成分系)とCN等(化学成分系)の2種が使われており、
最近の主流はOCになります。

ちなみに天然成分の、OC(Oleoresin Capsicum)とは、
トウガラシ由来の成分です。
毒性は無く後遺症の心配もありませんが、海外で死亡事例があるとの事です。

日本国内の事故例は聞いたことがありませんが、
実際に使われる回数が圧倒的に多い海外では、
死亡を含む事故の事例が発生したと思われます。

ただし極めて低いとはいえ、死に至る可能性は否定できません

しかし死亡原因の多くは、
過剰な噴射(かけ過ぎ)や、
持病・薬物の摂取など二次的理由が重なった上での呼吸困難とみられ、
緊急時に適切(正当防衛や緊急避難)な使い方をする限り、
過剰防衛に問われる心配はなさそうです。

防犯スプレーには、
浴びた者を「確実」に行動不能にする強力な効果があります。
しかも催涙成分自体に毒性はなく、
使う側はもちろん、浴びた相手にとっても安全な護身用品です。

1-3 おすすめの防犯スプレーとレビュー

催涙大きさ比較

具体的なメーカー名は公表できませんが、
世の中には全く効かない防犯スプレーも存在します

実際に試すわけにいかないので、
購入に当たっては、評判の良いモノを選んでください
(ネット上に参考になる情報が多く上がっています)

探すのが面倒な方や、
機種選びにお悩みの方は下記を参考になってください。

全般的に護身用品は、
アマゾン・楽天での扱いが数が少ないのですが、
優秀かつ入手しやすい防犯スプレーを3点選びました。

1.MACE高濃度OCペッパー ジェル LEDライト付 TAKE DOWN MK-Ⅲ 3060

mace-mk3

以前にもお勧めしましたが、LED付きは本当に有利。
しかも最も風の影響を受けにくいジェルタイプなので、大きさと値段に不満が無ければ他を選ぶ理由がありません。

催涙スプレー メース TAKE DOWN MK-Ⅲ 3060 (lam-c.com)

mace(メース) プロ仕様 高濃度OCペッパー ジェル LEDライト付き 防犯 護身用 催涙スプレー TAKE DOWN MK-Ⅲ 3060

2.エリミネーター 3/4オンス スライドロック 防犯スプレー

エリミネーター

特にLEDライトの必要性を感じない方やコンパクトさを求める方には、こちらがおすすめです。
水鉄砲タイプなのでサイズの割に飛距離があります。
また催涙成分の効き具合も強力で申し分ありません。
ただし小型の分発射回数は少ないです。

個体によってケースの抜き差しに「キツイ・ユルイ」がありますが、
ケースから抜く必要はないので、ユルイ場合はあえて抜けないように固定しても良いですよ。
(2020・9月現在、楽天では取り扱いがありませんでした)

エリミネーター ペッパースプレー 3/4オンス ケース付 護身グッズ 防犯グッズ NS-1170

3.ポリスマグナム 2オンス(50ℊ)

ポリスマグナム

ロングセラー商品です。
(ずいぶん昔なのでハッキリ覚えていませんが、下の2-1実験映像で使用しているのもポリスマグナムだったと思います)
サイズは「MACE」より小ぶりで、値段はややお高めですが効果は絶大。
実体験したトラウマからも、個人的に一番浴びたくないスプレーです。
今現在(2020・9月)楽天では取り扱いしていません。
アマゾンは2オンスが品切れで、下記の9オンスのみ在庫しているようです。
※大きいのでアウトドア(熊避け)か、備え置き向け。

熊撃退スプレー 大型 (全国の複数の国公立機関・地方自治体正式採用品/JSDPA認定品) B-610

※福岡のKSPさんで「2オンス」を扱っているのでリンク貼っておきます。
https://www.ksp-web.com/syouhin/f-605.html

2.防犯スプレーはこう使う

比較的簡単な練習で使える防犯スプレーですが、練習は必須です。
全く練習の必要が無い護身用品はありません。
防犯ブザーでさえ使いこなすには練習が必要です。

2-1 防犯スプレーの使い方を動画で解説

犯罪者に防犯スプレーをかける女性

ありがたいことにYouTubeで検索すると、
体を張って防犯スプレーの実験している映像を散見出来ます。

しかし見た限り、
「暴漢vs被害者」
という状況を、リアルに再現している映像は、
見つけることが出来ませんでした。

気は乗らないものの、
私自ら被験して、映像を撮ろうと計画していた矢先に、
10数年前に撮影した実験映像が見つかりました。

可能なかぎり、実際に襲われた状況を再現するため、

  1. 約4mの間合いで向き合う
  2. 暴漢役のタイミングでスタート
  3. 暴漢役はスプレーを浴びても動ける限り襲い続ける
  4. 暴漢役のゴムナイフが体に当たったらスプレーの負け

の条件だったと記憶しています。

※強風の中でおこなったので霧状に見えますが、
フォーム(泡)タイプを使用しています。

暴漢役を引き受けていただいた二人には、あらためて心から感謝します。
映像からも過酷な被験だったことが分かりますよね。

特に二人目はダウンするまで10秒も頑張ったので、
一人目よりも多量の催涙液を浴びています。
(ここまで耐えれる者は滅多にいません)
そのため回復に2時間ほどかかりました。

※15年以上前の事なのでハッキリ覚えていませんが、
攻撃側が本気で襲わないと意味が無いので、
もしも捕まえ(触れ)た場合、ボーナスを設けていた記憶があります。
とはいえ実験ですので、2人目の頑張りは驚異的です。
ただし実際の場面でも、
これくらい追いかけてくる人間がいる、と考えた方がよいでしょう。

結果はご覧のとおり防犯スプレーが勝ちました。
しかし効果的に使うためには「ある条件が必要」とお気づきいただけたでしょうか?

2-2 催涙スプレーの性能を引き出す条件【棒立ちは厳禁】

真顔の外国人男性

まずは下記の動画をご覧ください
防犯スプレーを有効に使う上での重要な注意点が分かります。

防犯スプレーは「霧吹き」や「水鉄砲」の様なものなので、
突進してくる人間の勢いを止める力はありません。

また催涙成分の効果も、
触れてから発現するまでに、数秒(※)かかるので、
立ち止まっていると相手につかまります
(もし先にスプレーを当てても、相手が凶器を持っていたり、体力に差がある場合は、捕まったらアウトです)

つまり効果が表れ、暴漢が攻撃を止めるまでは、逃げ続けなくてはなりません。
その間は距離を保ちながら、顔面に噴射し続けましょう。

過剰な噴射は呼吸困難を起こす危険があるので、
動きが止まったら噴射を止めて、距離を保ってください。

その後は相手から目を離さずに、110番通報しましょう。

※製品の性能や、当たる場所・当てられた人間の耐久性によります。
通常、顔面に噴射した場合で、3~10秒くらい。

2-3 こんな時はどうする?【防犯スプレーを使えない状況】

エレベーターの中

これまで説明したように、
間合いさえキープできれば、
防犯スプレーは持つ者を圧倒的に有利にします。

しかしエレベーターなどの狭い空間では、
間合いが取れない上に、
自分自身も催涙成分を浴びる危険はいなめません。

防犯スプレーは、液体のため空中に成分が漂います。
(水鉄砲タイプでも、多少のしぶきは周りに飛散します)
つまり密室で噴射した場合、
相手だけでなく、自分や第三者も浴びる可能性があるのです。

言うまでもなく、
危険な相手と二人きりの状況は、元から避けるべきですが、
最悪の事態に陥った場合は、
あきらめずに抵抗する事も大事でしょう。

完璧な方法ではありませんが、
下記動画のような使い方も参考にしてください。

ほぼ間違いなく自分にもダメージがありますが、
無抵抗で相手の攻撃を待つよりは、試す価値はあります。

くどいようですが狭い場所での使用は、第三者にも被害を及ぼします。

例えば電車内で発射した場合、
痴漢のみにダメージを与える事は難しく、
周りの人にも被害が及ぶと考えるべきでしょう。

痴漢撃退どころか、
傷害事件でニュースになりますので絶対におやめ下さい。

2-4防犯スプレーを浴びてしまったら【応急処置と催涙スプレー中和剤】

健康診断ハート聴診器

もし誤って催涙成分を浴びた場合、
激痛により冷静な判断は難しいですが、命に別状ありません。

早急に以下の対処をお願いします。

1.冷水を流し続ける

基本的に、ほかの処置はありません。
ただし、以下の点をご注意点ください。

水をバケツや桶にためて患部を浸すのではなく、
患部に水を当て流し続けてください

その際は可能な限り「患部のみ」を洗い流しましょう。

もし顔にスプレーがかかった場合、
頭から水を浴びると、
催涙成分を浴びていない部分にも洗い広げてしまいます。

皮膚の薄い場所や粘膜ほど痛みが強いので、
本来顔だけで済んだ痛みが、体や足にまで及びます。
(特に股間にまで広がると最悪です)

2.医師の診断を受ける

これまでに述べたように、
催涙成分自体に毒性はありませんので、
時間がたてば効果は消えます。

ただし基礎疾患がある方やお子様の場合は、
念のため医師の診断をすすめます。

また過呼吸などの異常がみられる場合も、
病院で受診してください。

催涙スプレー中和剤とは?

十数年前の実験時に、中和剤の効果も試してみました。
あくまで当時の印象という前提でお読みください。

薬効など科学的根拠は分かりませんが、
私の体験では実感できるほどの中和性はありませんでした。

周囲に水道が無い時や、
水で流す前に不着した成分を拭き取るなどの、
応急的な使い道はありますが、

やはり冷水を掛け続ける事が一番有効な処置だと思います。

顔に付着した成分の拭き取りに使ったので、
口の中にも中和剤が入りましたが、
ガムシロップのような、とても甘い味がしました。

成分が分からないので何とも言えませんが、
甘さで辛さを抑え込もうとしているのかな?
と思ったことを覚えています。

必読 防犯スプレー持ち歩いていいの?【護身用品の所持と法律】

職務質問を受けた際に防犯スプレーを携帯していると、
十中八九連行されます。

護身用品の購入は合法であり何ら問題ありませんが、
「正当な理由なく」持ち歩くとこの限りではありません。

しかし具体的に「正当な理由」とは?

この点が法律上明示されておらず、
判断は職務質問を行う「警察官」にほぼ委ねられています。

また多くの警官は、
「護身用」を正当な理由とは認めません。
(それが通れば悪用目的でも言い訳が可能なので当然といえます)

つまり「持ち歩く=NG」と解釈してください。

しかし女性の場合、
「身を護るため」と主張して理解されることもあります。

多くのお巡りさんは、あなたの「正当な理由」を察していますが、
立場上みとめるわけにはいかないのです。

結局護身用品はいざと言う時には使えないの?と疑問に行きつきます。

私個人の見解は、
今あなたが、暴力による危険をお感じなら、
軽犯罪法にひるまず携帯するべきでしょう。

自分の「命」と「軽犯罪法違反」
ハカリにかけるまでもありません。


ただし、
携帯が社会通念的に認められない以上、見つかれば捕まります。

したがって下記3つを理解し、
メリット・デメリットのバランスから自己で判断する事が、
護身用品と付き合う唯一の方法です。

  • 携帯の判断は自己責任である。
  • 携帯しているときに職務質問を受けたら咎(とが)められて当然。
  • 没収・任意同行に素直に応じる。

詳細は過去記事もご覧ください。
【防犯グッズ】プロのボディガードが推薦|護身用品選びはこの3択でOK

加藤 一統

ボデタンナビの運営者
加藤一統 一般社団法人暴犯被害相談センター 代表理事
民間警備会社で1995年より身辺警備(ボディガード)に従事し業界歴25年
ボディガードと探偵の依頼先をお探しの方に、条件やご要望に合う優良な警備・探偵会社を無料でご紹介。
長い業界歴を生かし「読みやすく価値ある」記事を提供いたします。

このサイトをフォローする!

【防犯&護身術】催涙・防犯スプレーの効果的な使い方&オススメ3種|動画あり” に対して4件のコメントがあります。

  1. 澤田 より:

    こんにちは。
    ご紹介されている2オンスフィリップトップの催涙スプレーの写真は3/4オンスです。またフリップトップではなくスライドロック式のものです。
    余計なお節介でしたらすみません。

    1. 暴犯被害相談センター 理事 加藤一統 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      全く気付いていませんでしたの助かりました。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      1. 澤田 より:

        お役に立てたなら良かったです。
        いつも非常に専門的な内容の記事ばかりで素晴らしいな~と思いながら拝見させて頂いております。こちらこそよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です