【ボディガードと実際⑪】身辺警護の体験談|ご自宅でも安全を|私邸警備とは?

スピードメーター

現役のボディガードに、現場での実体験を語ってもらう本シリーズも11回目です。
今回の話は「私邸警備」について。

機械ではなく、実際に人間がクライアント様の邸宅をお守りする手法を「私邸警備」と呼びます。
一般のご家庭からは、あまりいただかない内容の警護です。

しかし会社役員や著名人の私邸警備は、警護業界的に大変多いご依頼のひとつ。
ある経営者のご自宅を現場として、実際に起きた出来事を語っていただきます。

今回は第9回のつづきです。
前回と同じくⅠ氏に話をうかがいました。
第9回の記事:身辺警護の体験談|会社役員の身辺警護

Ⅰ氏のプロフィール
45歳 身辺警備歴18年
元陸上自衛官 レンジャー課程修了 
現在までに、数多くの 身辺警護の現場に服務。

過去に掲載したI氏の体験談
身辺警護の体験談|自分から自分を守りたい依頼人(前編)
身辺警護の体験談|自分から自分を守りたい依頼人(後編)

身辺警護の体験談|ご自宅でも安全を|私邸警備とは?

招かざる客をシャットアウトせよ!

今回は私邸警備についての話を、お聞かせください。

はい、前回も話しましたが、ある企業が複数の暴力団から脅迫を受けたときのことです。

そのときは役員のボディガードだけでなく、私邸警備も並行して行なっていました。
平日の日中は、3名の役員様に対して、各々1名のボディガードが毎日はり付いています。

しかし、警護の時間は朝8時から夜7時までの11時間。
それ以外の時間は狙われない、などの保証はありませんし、ご自宅には家族もいます。

在宅中に招かざる来訪者がきた時のためにも、私邸警備が必要だったのです。

ということは、3か所ある役員の自宅を24時間警備するわけですね。
これはかなり規模の大きいご依頼では?

そうですね。
交代要員も入れると、私邸警備だけで1日に12名が必要でした。

昔はこのような、大人数の警護依頼が結構あったんです。
最近では滅多に聞きませんが・・・

やはりコストの問題ですか?

大規模な私邸警備

そうだと思います。
かなりの金額になりますので。

私は営業ではないので分かりませんが、このご依頼の場合、すくなく見積もっても一日に80万円は超えていたと思います。
なんせ12名もの警護員を24時間配置するのですから。
参照:ボデタンナビ|警備料金の目安ページ

近年それだけの警備料金を払える企業は、そう多くないでしょう。

ただし警備サイドも、いきなり12名を出せる会社はすくないですけどね。

Ⅰさんはどのようなポジションに配置されたのですか?

前回お話したように、わたしは会長の身辺警護を担当していました。
なので私邸警備まで入る時間的な余裕はありません。
休む時間がなくなりますから。

ただし、あくまでそれは理想論で、実際は昼は身辺、夜は私邸と24時間働きづめの日も少なからずありました。

ハードですね!業界的には当たり前のことなんですか?

会社によると思います。

ただしそうでもしないと、現場が回らない状況は年に何度かあります。
当時はわたしも若かったので何とかなりましたが、今やれと言われてもしんどいですね。

そういう時、着替えや風呂はどうしていたんですか?

身だしなみは基本中の基本

家に帰って済ませます。
現場と家が離れているときは、着替えを持参して最寄のシャワーを使える施設を探します。
大抵サウナか会社ですけど。

身だしなみは重要ですからね。
着たきりで現場に出ることは絶対ありません。

毎日それを続けたんですか?

わたしは会長宅に週に2回ほど入りました。
昼間は会長の身辺警備を担当しているので、それが一番合理的でしたので。

運転手付きの社用車で、会長を自宅までお送りした後、そのまま私邸警備にスイッチする、という流れです。

ちなみに私邸警備用の車は、大抵こちら(警備会社)で用意します。
また近隣の迷惑にならず、ご自宅を一望できる場所に停車するのが一般的なやり方です。

道路に停車して自宅を監視するんですか?

根回しを忘れるな!

自宅の一室や敷地内を警備用に提供していただくこともあります。
しかしこれは稀な例で、多くの場合は自社の車で路上から監視します。

路上駐車ですか?

駐車ではなく停車です。
定期的に移動してますし、人が乗っているので。
でもここが非常に重要なんです。

私邸警備というのは、数日から長ければ数か月も続きます。
家の近所に、黒スーツの男が乗った車が毎日停まっていたら・・・
大抵の人は110番に通報しますよね。

つまり不審者扱いされてもおかしくありません。

なので所轄の警察署と、近隣への根回しは必須です。

これがないと、本来の警備業務とは無関係なトラブルが発生します。
逆にここをしっかりしておけば、ご近所との問題は起きません。

警備が不審者扱いされたら元も子もありませんね。

ヤクザと間違われたボディガード

そのとおりです、クライアント様にも迷惑がかかります。
もう20年以上前のことですけど、私邸警備中の警護員が、パトカー数台と7~8人の警官に取り囲まれたことがありました。

なんでも近隣から「停車中の車に、銃を持ったヤクザがいる」と通報があったとか(笑)
事情を説明して事なきを得たようですが、クライアントのお立場を考えると、ご近所とトラブルを起こした時点で会わせる顔がありません。

なんで拳銃を持っていると思われたんでしょう?

わかりませんが、腰に差した警棒を拳銃と見間違えたんじゃないですかね。
上着を脱いだ時にでも見られたんでしょう。

その辺の配慮も足りなかったように思います。
私邸警備は住宅街など、多くの人の目につきやすい業務なので、基本的な配慮ができないと無用なトラブルを引き寄せます。

ところで私邸警備では、家に近づく人は全員排除するのですか?

快適と安全、相反するふたつのバランス

お客様のリクエストと、安全のバランスしだいです。
でもこちらが怪しいと判断した人以外は止めないケースが多いですね。
逆に回覧板から宅急便の受け取りまで、お任せいただくケースもありますけど 。

プライベートに踏み込む業務なので、なるべくご要望にしたがいます。

前置きが長くなりましたが、実際に起きた印象的な出来事を教えてください。

わたしの服務時間は、夜7時から翌朝5時だったと記憶しています。
朝5時に上がって、いったん帰宅して一風呂浴びてから会長宅に戻るんです。

この現場もそうでしたが、私邸警備は大抵2名でおこないます。
コストの問題で1名の場合もありますが、監視力や問題が起きた時の対応を考えると2名がベストなんです。

玄関がよく見える場所など、ベストポジションに停車して監視するのが理想ですが、そもそもベストなポジションがないお宅も結構あります。

そんな時は少しでも、良い場所を起点にして巡回します。

いつ相手が来るかもしれませんし、見た目以上に気を抜けない仕事です。

2人で絶えずクライアントのご自宅を見つめているんですか?

敵は安全確認などしてくれない

見つめているというより、徒歩での不定期巡回を織り交ぜたり、警備がいることをアピールしたりすることもあります。

それと私邸警備は、基本的に長丁場なので、交代で休憩をとります。

2人で何か話したりはしないんですか?

雑談ですか?せまい車内ですから多少はしますよ。
なので相性が悪い相手と組むとかなり辛いんです(笑)

チームとしての連携の意味でも、相性の良い相手と組むのは大事です。

それでは具体的な出来事を教えてください。

はい、お話したように、この現場の警戒対象はヤクザです、それも複数の組織の。

しかしこのご依頼は、クライアントの命を狙ってくるような危険な段階ではありません。
ただそうはいっても、暴力団が過去に起こした手口からして、銃弾を撃ち込まれる可能性は十分ありました。

たとえ威嚇でも、実弾による狙撃は、 受けた人に大変な精神的ダメージを受けます。

相手に殺意がなくても、発砲されれば流れ弾が当たる可能性は十分にあるのです。
安全確認などせずに撃ってきますからね。

私邸警備をおこなう責任上、けが人を出さないのは当然として、銃弾を撃ち込まれただけでも大失態なんです。

そのためにも「警護してるぞ!」と存在を全面にアピールされるのですね?

ここが難しいとこなんです。
警備体制の全面アピールというのは、威圧感を伴います。
特に一般の住宅街でおこなう場合、無関係の住民の方に不快感を与えるのは避けなければなりません。

たとえば門の前に立って、通行人に目を光らせることは、決して良い方法とは言えないんです。

そこまでアピールをしなくても、ねらう側は警備に気づくんじゃないですか?

その通りです。
狙う方もバカではありませんので、計画もなしに襲撃はしません。
当然下見をします。

その時に、ターゲットの傍に黒スーツが乗った車があれば、必ず目に止まります。

隙のない監視姿勢を続けることは、そのまま攻撃の抑止につながるんです。

相手もプロであれば、行き当たりばったりの行動は取らないでしょうね。

昔上司が「一つの襲撃には最低でも半年、長ければ年単位の準備期間がかけられる」と言っていました。
もちろん中には、明らかに急ごしらえ計画もあります。
Ⅹデー(決行日)まで、時間がない事もあるでしょうから。

しかし綿密な計画が多いのは事実であり、綿密であるほどこちらには恐ろしいのです。

しかし計画が綿密であればこそ、強固な警備体制を示すことで、諦めさせたり延期させることができます。
またそれが、私邸警備の目的でもあります。

なるほど。この案件で襲撃はなかったんですか?

「滅多にない」は「いつかはある」と同じ意味

結論から言うと襲撃はありませんでした。

しかし警護が始まってから2週間ほど経った日でした。
夜中に依頼人のご自宅の周りをうろつく男があらわれたんです。

深夜の来訪者ですか?

そのとき我々は、邸宅から道路をはさんだ斜め向かいに停車していました。
玄関から直線距離にして20~30mくらい離れた路上です。

午前2時ごろ、同じく道路をはさんで目の前あたりに、白いセダンが停まりました。
我々の15mほど先です。

深夜2時に住宅街で停車・・・明らかに不審ですね。

そうですね。なのでまずは車内から監視します。
顔や風体は分かりませんが、どうも相手は一人のようです。
なにやら助手席にむかって漁っているみたいでした。

しばらくして、30代くらいのラフな格好の男が、小脇に何かをかかえて降りました。
ヤクザの雰囲気ではありません。

男は会長宅に足早に向いました。

取り押さえたんですか?

こんばんは不審者さん

まだ何かをしたわけではありませんが、監視をつづける状況でもありません。
我々は2人で同時に近づくことにしました。

しかし深夜の住宅街です。
そっと開けても、車のドアの「ガチャ」の音はかなり響きます。
ドアを開けた瞬間、跳ねるように我々のほうを振り向きました。

男はあわてて引き返そうとします。
こちらも足早に近づき、男が車のドアノブに手をかける前に、左右から囲みます。

「こんばんは、何をされているんですか?」と声を掛けると
「すみませんでした・・・」と、 観念したように頭をさげたんです。

男が抱えた物のに目を落とすと、それはビラの束でした。

結局その男は何者だったんですか?

深夜の来訪者の正体

解雇された元社員です。

クビになった逆恨みで、中傷ビラを会長宅と近隣に撒くつもりだったようですね。
我々を「警察だと思った」と言ってました。

自分を捕まえるために、警察が張ってると思ったんですかね?

気弱な人間にはよくあることです。

バレてるはずがない秘密を、皆に知られてると錯覚したんでしょう。
逆に、どうみてもバレている事実を、本人だけはバレていないと錯覚することもありますね。

まぁご依頼の趣旨とは関係のないトラブルでしたが、一応依頼人に確認したうえで、警察に引き渡しました。

では、その日は警察で事情徴収ですか?

そうなんですよね・・・
その場合、すくなくとも1名は所轄に呼ばれます。
そうなると人員が減ってしまうので、依頼人が望まなければ放免しようとも考えていました。

ご依頼人は警察に突き出せと?

そういう言い方ではありませんが、110番通報をお望みでした。

ではこの案件では他にトラブルは無かったんですね?

安全な現場などない!

はい。前回お話ししたように、この案件では2人のヤクザが来社した日以降は、一切コンタクトがありませんでしたので。

というか、私の知る限りですけど、私邸警備で大きな事件に発展した事例は、極わずかです。

以前このブログでも紹介しましたが、ある現場で警護中の隊員さんが射殺された事件がありました。
実体験!或る身辺警護員の忘れられない体験:前編

はい、拝見しました。
宗教法人のご依頼ですね。
個人宅ではありませんが、たしかに私邸警備に近い内容だと思います。

あちらの案件は、探り合いの時期をとうに過ぎた、いわば戦争状態での出来事のようです。
本来なら警察がガッツリと介入するべき案件でしょう。

警察があそこまで暴力団を野放しにした事件は、都内では稀じゃないでしょうか。
少なくとも私は聞いたことがありません。
あれはひどいですよ。

しかし現実には起こりえるわけですよね。

結局お上の力は欠かせない

そういうことですよね。
今回紹介したケースでは、前もお話したように、早い段階で警察が介入していました。

我々警備会社に出来るのは、攻撃を防ぐことだけです。
こちらから仕掛けることはありません。

つまり相手が攻撃を諦めないかぎり、事態が収束することはありません。
多くの場合、 解決には警察や行政の力が必要です。

今回もありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?
第9回に続き、会社役員の警護について語っていただきました。
私邸警備と身辺警備は分けて考えるのではなく、並行しておこなうことが理想ということが分かります。

多くのご依頼人は、仕事場よりも自宅で過ごす時間の方が長く、また自宅にいるご家族のためにも、私邸警備は欠かせないケースが多いのです。

しかし現実に大きく立ちはだかるのが、コストの問題。
多くの場合、完璧な警備体制を実現すると、途方もない金額になります。

大事なのは取捨選択。
ポイントを押えた、警備の配置と、思い切った切り捨てであるとⅠさんは語っています。

そのポイントを導き出すのがプロであり、お客様に的確な提案をしてこそ、優良な警備会社といえそうです。

加藤 一統

ボデタンナビの運営者
加藤一統 一般社団法人暴犯被害相談センター 代表理事
民間警備会社で1995年より身辺警備(ボディガード)に従事し業界歴25年
ボディガードと探偵の依頼先をお探しの方に、条件やご要望に合う優良な警備・探偵会社を無料でご紹介。
長い業界歴を生かし「読みやすく価値ある」記事を提供いたします。

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です