【ボディガードと実際】身辺警護の危険体験|トカレフの男と柳葉包丁の襲撃者|前編

ピストル、拳銃

現役のボディガードに、
現場での実体験を語っていただく本シリーズも4回目。 

今回は警護歴27年のM氏から、
国内の警護では貴重な、
拳銃と対峙した体験をうかがいました。

前回のお話し(実体験!或る身辺警護員の忘れられない体験)と同様、
日本でも銃による襲撃は、完全に想定内である、
という現実を思い知らされます。

※個人情報保護の観点から、
若干のアレンジを加えていますが、内容は全て事実です。

身辺警護の危険体験|トカレフの男と柳葉包丁の襲撃者|前編

まず自己紹介

まず自己紹介をおねがいします。

現在52歳です。
25歳でこの業界に入ったので、警護歴は27年になります。
前職はアパレル系でした。

アパレルですか?これはまた異色の経歴ですね。

そうですね。
この業界では、たぶん私だけだと思います。

Mさんオシャレですもんね。
なぜ畑違いの業界に転職されたんですか?

とくに前職への不満は無かったんですが、
かといって決して満足もしていなかったんでしょうね。

そんなある日、
たまたまボディガードの求人を目にする機会がありまして・・・

長いこと空手をやっていて、
腕には多少の自信があったものですから、
見た瞬間に
「これだ!」と思ったんです。

翌週にはもう面接を受けていました。

前にも、ほとんど同じことを言った人がいました。
(身辺警護の実体験|はじめてのボディガードを参照)
ところで、ボディガードの求人とは珍しいですね?

求む!ボディガード若干名!

ええ、滅多にないでしょうね。
デューダか週刊就職情報だったか忘れましたけど、

前の職場で使っていた求人誌に掲載されていました。

今思えば運命だったのかもしれません。

しかし何の相談もせずに、いきなり転職したものだから、
奥さんはカンカンでした(笑)

ご結婚されているのですか?

はい、子供もいます。
奥さんとは、だいぶ前に別れましたけど。

では、Mさんのキャリアの中で、
最も印象に残る案件について聞かせてください。

冷や汗の連続という意味では、
都内のある経営者の身辺警護ですかね・・・
この業界に入ってから3~4年ころの話です。

「だんご三兄弟」が流行っていたころだと思います。

なつかしいですね。
人事トラブルの警護はよくありますけど、
特別な事情があったんですか?

具体的なことは、言えないのですが、
一般の企業よりも、やんちゃな人が多い会社で、
中には元ヤクザ・薬物中毒者などもいるような、
かなり個性的な企業さんでした。

なるほど、トラブルが多そうですね。
業種は何ですか?

特殊な企業の特殊な警備

すみません。
具体的な業種は勘弁してください。

今はそんな人間ばかりの業界ではなくなりましたので・・・

社長さんはどんな方でしたか?

ちょっと古い表現ですが、青年実業家ですね。

さきほども言ったように、
素性の良くない人間が多い業界だったのですが、
業界の体質改善に奔走したり、
自社だけでなく業界全体の健全化に尽力していたようです。

それなりに結果も出ていましたので、相当のやり手だとおもいます。
その分かなりワンマンでしたけど。

ただそのせいで、
業界を追い出された多くの人間から、かなり恨みも買ってました。

そこで、具体的にどんな警護をおこなったんですか?

雇って損した

そもそもは2週間限定のご依頼だったんです。

脅迫電話が頻繁にくるので「念のため様子をみよう」と、
周りのすすめで渋々警護を付けたようです。
そのため社長自身は、脅迫を甘く見ていたところがありましたね。

具体的なシフトは、
社長の通勤を含む8~18時までの1日10時間を、
私1名でする護衛するという・・・つまりご自宅以外でのガードですね。

結局その2週間は、特にトラブルなく終了しました。

しかし最終日に、その社長が言うには、
「なんか頼んで損したよ(笑)」と・・・

「身辺警護あるある」ですね。
なにも起きないと損だと思われるという・・・
しかし付加価値を伝えられない警備側の落ち度ともいえます。

おっしゃる通りですね。
お客様サイドから満足度を見れないボディガードは、今後は生き残れません。

それでその後はどうなりました?

けれど再契約

2週間の警備期間が終わったので、
翌日から別の現場に派遣されました。
しかし10日ほど経った日の夕方5時過ぎのことです。

その日はたしか、9月下旬の、やや暑い日だったと記憶しています。
新しい現場の勤務終了の直後に、会社から電話がありました。

「例の社長から、また依頼がきたぞ!」と。
さらに「直接現場には行かずに道場まで来るように」と指示をされました。

道場というというのは、
会社が訓練で借りていた空手道場のことです。
たまたまですけど、
その道場とご依頼人の事務所が、徒歩10分ほどの距離だったんです。

なぜわざわざ道場に集合なのか?が疑問でしたが、
答えはすぐにわかりました。

わたしが道場に付くと、
営業の栗原(仮名)と、新人隊員の安田(仮名)が待っていました。

「今回はヤバそうだから、安田と2名でガードしてくれ」と言い、
栗原が紙袋を手渡してきました。

中を見なくても、大きさと重さですぐに分かります。

防弾チョッキと特殊警棒?

完全防備?

はい。
わざわざ届けに来るという事は、かなりの危険を想定しているという事です。

詳細はご依頼人から直接聞いてくれ、と言われ、
防弾チョッキを着こんで、特殊警棒を右腰のベルトに挟み、
安田と現場に向かいました。

現場に到着して、2週間ぶりに社長の顔を見ると、
あの時とはちがい、顔面蒼白の状態でした。

10日のうちに何があったのでしょう?

1時間ほど前に、3か月前に辞めたある男から、
「今夜社長に会いに行くから待ってろ」と、電話があったらしいのです。

クセの強い従業員ばかりの会社ですからね。
社長さんも、イザコザにはある程度慣れてはいたんですが・・・
その時の相手は、かなり問題のある男だったので。

元ヤクザですか?

牢名主?

ええ・・・
でもそれだけなら珍しくはありませんでした。
電話をしてきたのは新木という男で、
かなり凶暴な性格で、
他の従業員からも恐れられていたそうです。

その反面リーダー的な存在でもあり、
まるで牢名主のような男だったと説明されました。

「ろうなぬし」ですか?

ええ・・・
社長さんが言うにはね(笑)

しかも

「ドラッグのせいで、感情の起伏がはげしく、
どこに地雷があるかわらない。
あと噂では、トカレフ(拳銃)を持っているらしい」と。

この新木だけは、
早急に何とかしなければ、と思っていた矢先に、
本人が会社に来なくなったとの事でした。

拳銃のトカレフですか?
当時国内に大量に流れ込んでいると言われてましたね。
ところで新木の要望は何だったのですか?

正直よくわからないんです。

もちろん金をせびるのが、一番の目的とは思いますが、
おそらく本人も、具体的に何を要求したいのか?
わかっていなかったと思います。

しかし社長は、退職金というか手切れ金として、
50万円を支払う用意をしていました。
じつは会社は新木に、100万円近く金も貸しており、
それをチャラにする、という条件も足すつもりでした。

警備配置を教えてください

話し合いの場に1名が立ち会い、
新木に気付かれないように、奥の倉庫に1名が待機という配置にしました。

当然わたしは話し合いの場の担当です。

なぜ一人は待機にしたのですか?

新人秘書!

社長さんの要望です。

彼が言うには、
「部外者が何人も同席すると、たぶん新木は機嫌を損ねる。
そうなると何をするか分からない」
とのことでしたので。

とはいえ社長一人で対峙するのは、あまりに不安なので、
警護の内1名は「最近雇った秘書」という名目にして、
その場にいてほしいということでした。

かなり無理のある設定ですね。

はい・・・
あとで新木にもツッコまれます(笑)

広い事務所だったんですか?

事務所というよりは、
普通の2部屋のアパートです。

入ってすぐの部屋を事務所として、
奥の部屋は倉庫に使っていたんです。

事務所の真ん中には、膝上の高さの応接セットがあり、
新木が訪れたら、倉庫を背に座らせることにしました。

そうすれば万一の時に、
倉庫の安田が、背後から新木を押さえられるので。

事務所見取り図

素朴な疑問ですが、
目的もわからないような相手のアポを、なぜ受けたんですか?

そもそもは、そこが問題ですよね。
社長の考えを簡単に言うと、
一度きちんと話すことで、この件を解決しようと思ったようです。

しかしこの発想は、まったくの見当違い。

きちんと話したり、誠意をみせることで効果があるのは、
相手がまともな人間の場合です。

道理の通じない相手に、道理を説くのは時間の無駄ですし、
逆効果になることも少なくないので、
徹底的に距離を置くしかありません。

それは社長さんにも話しましたか?

もちろんお伝えしました。
「もし新木がきてもドアは開けず、お引き取り願うように」
「それでも帰らないなら110番通報が最善策です」と。

しかし社長は、
「アポを受けた以上、会わないと何をしてくるかわからない」
とかたくなでした。
「会っても何をしてくるかわからない相手」なのにです(笑)

ストーカー対応でも、同じ失敗をする方が多いですね。
その後の動きを教えてください。

先ほどもお話したように、
私が話し合いに同席し、安田が倉庫で待機することになりました。

しかし隣とはいえ、
倉庫からだと事務所の様子が分かりにくかったんです。
なので携帯を通話状態にして、
安田には、音声で様子を探るように指示しました。

ちなみに突入指示の合言葉は「おねがいします」です。

その後、新木が姿を見せたのは21時すぎ。
一人で乗り込んできました。

ここからが本番ですね。

登場!トカレフの男

はい。
新木は思ったよりも落ち着いた様子でした。

歳は40前後で中肉中背、
やや長めのボサボサ頭で、暑いのにカーキのサファリジャケットを着ていました。
ジャッケトの下に、隠したいモノがあったんでしょうね。

なるほど、今回の現場は銃を持っている可能性も想定済みでしたね。
新木とは何を話したんですか?

彼の話は全く要領を得ない、支離滅裂なものでした。

たとえば、会社は従業員から搾取して私腹を肥やしているとか。
その金を社員に還元するのが、経営者のつとめだとか・・・

対して社長も、新木の機嫌を損ねないように言葉を選んでいました。
「あなたには金を貸しているが、なかったことにして構わない。
しかも特別に退職金を50万円支払う」と。

しかし、表現が遠回しなうえに、

相手の読解力が足りないため、
思うように話が通じません。

本来なら、かみ合わない話を続ける意味はないので、
お引き取り願うところです。

しかし、社長から切り出すことは難しかったんでしょうね。

ところでMさんの存在について、触れてこなかったんですか?

こんな秘書おるか!!

予定どおり、最初に社長の方から「新しい秘書」と紹介されました。
しかし意外と気に掛ける様子がありません。

しかし1時間ほどして、話の内容が繰り返しになると、
「ところでお前ダレだ!」
と急にわたしに矛先を向けたりしてきたんです。

何と答えたんですか?

最初に決めた通りです。
「秘書のMと申します」と答えました。

「いままで秘書なんか居なかったぞ!」
「しかもこんな奴が秘書なわけあるか!」
と、もっともなこと言っていましたね(笑)

しかし他に答えようがないので、
「秘書」で通しました。

そんなこんなで、長い水かけ論が2時間近く続きました。
さすがに これ以上は時間の無駄です。

社長からは切り出しにくそうなので、
私の口からお引き取り願おうかと考えていた矢先に、
新木の子飼いのチンピラがその場に乱入してきました。

何しに来たんですか?

そのチンピラはその時まだ在職中で、私が何者か知っていたらいしいです。
チンピラがいうには、
「そいつはナントカゆう空手で優勝しとる男です!滅法強い奴じゃ!」
「引き上げた方がよろしいでっせ!」

みたいな事を新木に伝えました。

要は、この場は引き揚げろといことです。

Mさんチャンピオンでしたっけ?

空手屋

全然違います。
しかしそのとき、新木は私の拳ダコに気づいたようで
「おまえ空手屋だろ!?」と(笑)

おかげで新木に緊張感というか、目付きが変わり、
今までとはちがう張り詰めた空気になりました。

「カラテ屋」と呼ばれたんですか?

そうです、まぁ本当にそういわれたのだから仕方ありません(笑)

そのあと新木はこう続けました。
「お前が空手やってようが、関係ねぇけどな・・・」
と余裕をみせながら、
「指一本で殺せるからよぉ」

銃ですね?

はい。
ハッキリ銃を見せたわけでも、
何か動きを誇張したわけでもありません。

しかし新木が自分の左腰を意識しはじめた事に加え、
殺意を明らかにしたことで、
にわかに銃の存在が、大きなプレッシャーになりました。

しかし私も引くわけにはいきません!
ハッタリかますくらいしか出来ませんが・・・

しかし相手は銃を持ったシャブ中です。
何が逆鱗に触れるか?普通の人間とは比較できません。

銃だけが持つ威圧感

その通りです!ハッタリといっても一触即発です。
ひとつ言葉を間違うと命にかかわる状況でした。

もちろん穏便にすませることが最優先ですが、
新木が銃を抜くのを待つ必要はありません。

当の本人も拳銃の存在をにおわせている以上、
隙をみて攻撃を仕掛けるべき状況です。

しかし銃を持つ相手の威圧感は尋常ではないでしょう?

そうなんです!
テーブルを越しのわずか1.2mほど。
飛びかかれば手の届く距離でしたが、
なかなか自分から立ち上がることが出来ません。

絶対にありえないのですが、
「オレが飛びかかかるより速く銃を抜くんじゃないか?」
とか色々考えてしまって・・・

こんなときこそ倉庫にいる安田の出番です。
何度もそれとなく、通話状態にしていた携帯からヘルプを求めたんです。

安田さんの反応は?

SOS届かず・・・

当初の合図のとおり「お願いします」と話しかけましたが、
一向に突入の気配がありません。

会話のところどころに、
「銃は困りますよ」や「本気で撃つ気ですか?」など、
危険のアピールを混ぜましましたが、
ウンともスンともないんです。

頼りにならない相棒ですね。

あとで聞いたら、
携帯からの音声はほとんど聞き取れず、
そのうち充電が切れたそうです。

それならば、他の手を考えるなりと、手はありそうですが、
そもそも彼には適正がなく、
私も思慮が足りませんでした。

事前準備をおろそかにすると、いかに危険か?
の良い見本です。

結局どう決着したのですか?

おまえ、銃の音を聞いたことあるか?

とりあえず安田はあてに出来ないので諦めました。

じつは正直なところ、
その後の細かいやりとりは覚えていないんです。

しかし新木から、
「ところでお前、銃の音聞いたことあるんか?」

と尋ねられたのですが、
その後の会話はハッキリと覚えてます。

こうして聞くと陳腐な脅しですが、現場ではかなり強烈でしょうね・・・
何と答えたんですか?

「ありますよ」と答えました。

するとニヤニヤしながら、
「いま聞かしてやろうか?」と・・・

もしも新木の銃が本物だとしたら・・・何と答えるかは大事です。

そのとおりです。
なので、
「こんな夜中に撃つと近所迷惑ですよ」
と返しました。

それは正解なんでしょうか?

模範解答など無い!

どうなんでしょう?
まぁ模範解答ではありませんよね(笑)

しかし私がそう言うと新木は笑ったんです。
爆笑とまではいきませんけど、けっこうウケてましたね。
「おまえ面白いな!」と。

それで結局、
「今日のところは、引き上げるわ」と言って席を立ちました。

おそらく新木も引き際を探していたんでしょう。

私のふざけた回答が、
振り上げた拳をおろすきっかけになった、という意味では、
あながち間違った答えでもなかったと思いますが・・・
いずれにせよ相手を刺激しないことは重要です。

そして、しっかりと50万円を受け取り、新木は帰りました。

お疲れさまでした。
でもたしかに模範解答ではありませんね。

新木の場合はいい方向に転びましたが、
逆にバカにされたと感じる人間もいますので、
ケースバイケースです。

そもそも新木の場合は、もともと撃つ気がなかったと思います。
目的は脅しなので、
こちらが引き際を用意してあげることも大事でしょうね。

ちなみに本気で殺す気の人間は、
わざわざ武器を持っていることを教えてくれません。

ところで新木のトカレフは本物だったんですか?

事件は未だ終わらず・・・

本物だったと思います。
後に彼が逮捕されたとき、
銃刀法違反も要件に入っていたので。

ともあれ、その日は無事に警護が終了し、
帰るときには終電もおわってました。
トータル3時間強の現場だったことになります。

新木に関しては、それ以降あらわれなくなったんですが・・・

意味深ですね、また何か問題がおきたんですか?

ええ、別件ですけど、。
その10日後にまた厄介な男が現れました。

別のチンピラが、柳葉包丁を手に白昼堂々と事務所を襲撃したんです。
しかもコイツは新木と違い、完全に我をうしなっていました。

《後編に続く》

加藤 一統

ボデタンナビの運営者
加藤一統 一般社団法人暴犯被害相談センター 代表理事
民間警備会社で1995年より身辺警備(ボディガード)に従事し業界歴25年
ボディガードと探偵の依頼先をお探しの方に、条件やご要望に合う優良な警備・探偵会社を無料でご紹介。
長い業界歴を生かし「読みやすく価値ある」記事を提供いたします。

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です