【ボディガードの会社】ストーカー・DV被害|身辺警護があなたを守ります

この記事の著者:一般社団法人 暴犯被害相談センター
代表理事 加藤一統 (ボディガード歴25年)

鍵シルエット夜明けの輝き

前回【ストーカー被害|対策】相手の行動を予測する11+5チェックリストで、
自分のパートナーが、ストーカーに変化する可能性を、チェックする方法を話しました。

もし不幸にも、
元パートナーがストーカーとなり、
ボディガードに警護を依頼した場合、具体的には何をするのか?
その内容と方法を説明します。

凶悪なストーカーの被害に遭うケースは非常に稀です。
過剰な恐れは、
むしろ相手に付込むスキを、与えることもあります。

相手に不安を悟られても、
あなたにメリットはありません。
むしろ状況を不利にします。

しかし、ご存知のように、
過去には凶悪事件に発展した例もあり、
もちろん絶対に油断は禁物です!

「もういい加減あいつから解放されたい・・・」
そんな方の、
平穏な日常を取り戻すための参考になれば幸いです。

1,ストーカーとの話し合いは、時間の無駄です

デメリット

ストーカー相手に、話し合いや交渉は一切不要です。
むしろ、会うことも、話をすることも、
出来る限りさけましょう。

「一度でいいから会ってくれ!としつこく言われ、仕方ないから会う事にしました。」
このような話を本当によく聞きます。

しかし、
つい断れずにOKしてしまうお気持ちも、分かるのです。

では、彼はなぜ「一度だけ」会いたいのでしょうか?
「最後に本当の理由(ふられた)を知りたいから」
「最後に一度だけ顔がみたい(そうしたら忘れるから)」
大体そんな口実ではありませんか?

残念ながら、その約束は一切アテになりません。
ストーカーの感情はヤカンのお湯のようなものです。
火を消さない限り冷めません。

もう一度会う(話す)とは、
せっかく冷ましているヤカンを、
再び火にかけるのと同じ行為です。

これはストーカーに限らず、
しつこい相手との人間関係を断ち切る時に、
決してやってはいけない行動です。

「話し合いとは、交渉の余地がある時にのみ、意味をもちます」

さらに加えると、
一方的に押し付けられた約束は
守られる可能性が極めて低い」とお考えください。

そもそも、
あなたが何かを約束をする筋合いも無いわけです。

少なくとも、
あなたがストーカーと話をしたり約束をする、
意味やメリットは全くないのでは?

しかし、理想と異なり現実は、
ストーカーと会わざるをえない「事情」が、
しばしば起こります。

2,絶対ストーカーと会ってはいけません!しかし・・・

プロポーズ

前項で述べた「ストーカーと会わなければならない事情」とは、
相手に押し切られて、つい会う約束してしまった時です。

当団体にストーカーの相談をいただいた方には、
理由はどうであれストーカーとの接触はおすすめしません。

ストーカーにも人それぞれ性格があるので、
「こういう時=こうする」といった型どおりのマニュアルはありません。

ただし一つ言えることは、
「しつこい相手と何度も会う = 自体が長期化する」という事です。
コンタクトを続けると、
関係を断ち切ることが難しくなります。

つまり直接会って話しても、
あなたにとっては、建設的な内容や結果にはならない、
と考えるべきです。

しかし
「すでに会う約束してしまったので、その場に立ち会って欲しい」
というご相談が多く寄せられています。

くどいようですが、あなたがストーカーと話すことなど今更ありません。
話がしたいのは相手だけです。

10回断るということは9回無駄な話をしていることになります。

でも
「会いたくないけれど約束したので、行かないと何をされるかわからない」

このような場合、スッポかすわけにもいかないので、
ハッキリと別れを告げる「最後の機会」にしましょう。

ただし、
一対一でストーカーと会うのはあまりに危険ですし、
おそらく相手のペースの会話で終わります。

その場合、
あなたにとって損しか残りません。

それを防ぐためにも、ボディガード(身辺警備)が必要になります。

3,ボディガードに依頼をしたら何をしてくれるの?

バツサインをするビジネスマン

ストーカーと一対一で会うことは絶対にやめましょう。
危険なだけではなく、
大抵の場合、
恐怖で言いたいことが言えません。

ストーカーとの話し合いに、
ボディガードが介入する主なメリットは下記の2点。

  1. 万一相手が激高し、攻撃をしかけてきても阻止できる。
  2. 安心感で気おくれしないため、一対一の時よりもハッキリと言うべきことが言える

ボディガードを入れない場合でも、
信頼出来る第三者に、立ち会いをお願いするべきです。

3-1 対ストーカー警備のおこない方

対峙

ストーカーとの話し合いは、
通常ファミレスやホテルのロビーなど公衆の場でおこないます。

密室や完全なプライベート空間よりも、
暴力への抑止効果が期待できるためです。

またその際、
ボディガードは同席せずに、
ご依頼者の直近の席で、無関係の他人を装います。

これは、
下記3つのデメリットを回避するためです。

  1. ストーカーは心理的に、他の男の同席を「侮辱」ととらえることが多い
    多くのストーカーは、見ず知らずの男に警戒心と嫉妬心をいだく。
  2. 「彼」ではなく「ボディガード」と告げたとしても、こちらの怯え・警戒を悟られる。
    怯えを見せると、相手を優位に立たせてしまう。
  3. ボディガードの存在を、ストーカーが威嚇ととらえる可能性がある。
    「屈強な男が付いていることを見せて、威嚇した方が良いのでは?」
    と考える方もいますが、全く逆です。

暴力は相互作用ですので、威嚇は相手を感情的にします。
相手が「威嚇=バカにされた」と感じる可能性があるので、避けましょう。

これらを守り、下のような位置関係でガードを行います。

例:ストーカーとの話し合い時の警備配置

ファミレス店内

①にボディガードを配置し、危険な場合はいつでもストーカーを取り押さえられるようにする。
(相手にはボディガード存在が気づかれず、依頼人にはボディガードの様子が確認できる、理想的なポジション)

さらに危険度が高く、2名のボディガードが必要な場合は②にも配置します。

話し合い終了後は、ご自宅までの帰路に同行します。

3-2 ストーカーとの話し合い、その後

この後も継続してボディガードを依頼すると、
1日当たりの料金が3~6万円かかります。

もちろん毎日ガードを続ければ安全ですが、
コストを考えると現実的とは言えません。

弊センターでは、
その後もストーカーからの接触が続く場合は、
内容や言動の記録を取り続ける事をお願いしています。

結果的には、最後の話し合いを最後に、
ストーキングが収まるケースが多く、
ほとんどの方がボディガードの継続を必要としていません

終息までの期間は様々ですが、
多くの事例では3~6か月で終息し、
元の生活を取り戻しています。

もちろん、その後も危険が続くケースがありますので、油断はできません。

しかしストーカーが攻撃を仕掛ける前は、必ず前兆があります。

前兆を見逃さず、
適切なタイミングにのみ、ボディガードを配置すると、
警備コストを大幅に削減できます。

例えば、
明らかに危険の兆候がある場合は、
ホテルや実家などへの避難も現実的です。

避難が完了するまでの数日間、
出勤と帰宅の間のボディガード行う、というように、
ピンポイントで警備を利用すれば、料金も高額にはなりません。

4,ストーカーからの攻撃の前兆

気がつく

一言でストーカーと言っても三者三様で、
どんな行動に出るかは断言できません。

しかし前項でも述べたように、襲撃には前兆があります。

それに気づくためには
「目を凝らし」「耳を澄ます」必要があるのです。

直感といっても難しいことではありません。
あなたが感じた「恐怖」「不安」「違和感」などを、無視しなければよいのです。

まずは自分の「感覚」を、
決して無視しないでください。

多くの人は余程の確信がないと、
日常のわずかな違和感をスルーしがちです。

ちなみに前兆や直感とは、
下記のように些細で普通なことを指します。

  1. ストーカーからの留守電や・メールの内容・声のトーンが今までと変わる。
  2. ストーカーからの留守電やメール(ライン)が来なくなる、又は少なくなる。
  3. 今夜は近所の犬が良く吠える。
  4. 出かけるとき閉めたはずの門扉が開いていた。

    など挙げるとキリがありませんが、共通して言えることは
    「急な〇〇〇」
    「いつもと違う〇〇〇」です。

    しつこかったラインが来なくなったら安心しますよね?
    しかし彼は諦めたのでしょうか?

    ハッキリと言えるのは
    ストーカーの気持ちに「何かしら変化がおこった」という事です。

    なぜ人は脅すのでしょう?
    脅し自体には物理的な力がありません。

    脅し使う理由は「不安と恐怖を与えたいから」です。

    相手が脅しの効果を「実感」しているうちは、
    ある意味安全といえます。

    脅しがなくなった場合は
    「危険が去った」と考えずに、今まで以上に警戒するべきです。

5,ストーカー対応の注意点【言ってはならない事・言うべき事】

バツを出される男性

しつこい相手への対応で、下記のアドバイスを聞いたことありませんか?

「ストーカーに対してはハッキリと断りましょう!」
正解ですが、補足が必要になります。

「ハッキリ」の反意語は「あいまい」です。

「はげしい」や「ののしり」は
「ハッキリ」とは違う意味になります。

「生理的に無理!」などとは言わないでしょうが、
相手の自尊心を傷つけない様に、注意が必要です。

必要なのは、敵対的な態度ではなく
「毅然とした態度」です。


日本には、ハッキリ物を言う女性を
「可愛くない」「キツイ」と論じる風潮が残っています。

それによって、過去に損をした方も多いのではないでしょうか。
しかし恋愛においては、
相手が解釈を間違えようのない言い方を選ぶべきです。

それによって、
早い段階でストーカー化を防げることもあります。

また大抵の男はそんなことで頭に血が上ったりしません。
真意を察するはずです。

意思表示に不要な「枕ことば」は外しましょう。

拒否する手と悩む男性

例えば
「今は○○○」「うれしいけど○○○」「残念だけど○○○」
このようにクッションが入ると、
ストーカーは拒絶されていることに気付きません。

更に告白された時やデートに誘われた時の
「私にはもったいないから」「時間が出来たら連絡します」「今は体調が悪くて」
も同じです。

付き合えない理由や条件を付けると、
ストーカー気質の男は「それさえ乗り越えれば」と勘違いします。

彼らは、
あなたが「キモイ」思っている行動を
「カッコイイ」と思っているかもしれません。

一番良いのは
「無表情で」「理由は言わず」「言い訳はしない」
これが理想ですが、さじ加減がむずかしいのも事実ですね。

皆さん恨まれることを恐れるあまりに
「枕ことば」を付けがちですが、
の人格を否定しない限り問題はありません。

多くのストーカーは
「プライドが高く、繊細だけど鈍感」です。

話し合いの前は、
断り文句を原稿におこし、
友達などと一緒に内容を推敲することをお勧めします。

6,最後に【ストーカーや配偶者の暴力被害にあわないためには】

キーポイント

精神科の看護士さん向けの書籍
「医療職のための包括的暴力防止プログラム(医学書院)」の中に、
どんなスタッフが攻撃されやすいか?
についての解説があります。

精神病棟の看護師さんが、
患者さんからの受傷をさけるための本ですが、
対ストーカーの参考にもなりますので、一部抜粋します。

以下の対応をとると暴力の対象と判断されることが多い 

・患者の攻撃性におびえてしまう人
・患者のパーソナルスペースに不用意に侵入してしまう人
・相手のプライドを傷つけたり、こちらが攻撃性をしめした場合


暴力を振るう者は無差別に襲うのではなく相手を選んでいます。

つまり
「コイツなら殴って言いなりにできる」
「コイツなら何を言っても反撃されない。」
と面接し、ターゲットを選ぶ傾向があります。

面接に合格してはいけません。
毅然とした態度を見せることが重要です。

また今回はスペースの都合で、
「ストーカー規制法」「配偶者暴力防止法(DV防止法)」による、
禁止命令や保護命令には触れませんでした。

これらの制度は万能ではなく、
ケースによっては申し立てた事で、逆に事態が悪化する恐れがあります。

申し立てをするか否かの判断は、それによって相手が、
「大人しくなるのか?」or「逆上するかもしれないか?」
この点を、周囲の意見だけでなく、
あなた自身がよく考えた上で決定してください。

詳細はいずれ別の記事で説明します。

加藤 一統

ボデタンナビの運営者
加藤一統 一般社団法人暴犯被害相談センター 代表理事
民間警備会社で1995年より身辺警備(ボディガード)に従事し業界歴25年
ボディガードと探偵の依頼先をお探しの方に、条件やご要望に合う優良な警備・探偵会社を無料で紹介しています。
50歳にしてブログ初挑戦になりますが、長い業界歴を生かし「読みやすく価値ある」記事を目指します。

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です